So-net無料ブログ作成

新聞記事より [症例]

少し前から新聞記事の気になる記事を切り取っていたので、紹介していきたいと思います。

毎日新聞のDr北村の女性クリニックというコーナーは女性対象なのですが、私が現場で気になってるような疑問に適格に答えているのでよく読んでいます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

突発性難聴③ [症例]

母親は即入院となったわけですが、

一週間入院予定で、前回書きましたが薬物療法が中心で結局5日入院したようです。
きいた話ではおそらく、ステロイド薬の中心の療法だったようです。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

突発性難聴② [症例]

 前回の続きになりますが、母親は元々たまに通院していた耳鼻科受診して、即入院になりました。

----------------------------

突発性難聴というのは、突然起こる原因不明の難聴のことで突然起こった難聴でも原因が明らかなものは突発性難聴とは診断されません。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

突発性難聴① [症例]

更新が遅れています。

今年もすでに節分、立春も過ぎ早いですね。また冷たい寒いの毎日ですが昨日(8日)は昼間は温度上がっていたようですね、昨日はセミナーに参加していたのですが昼間汗かくくらい暑いので、てっきり熱気で暑いのかと。帰宅途中はまた寒く寒さに慣れてきてる身体には、温度変化が身体に影響受けてると感じました。昨晩は身体がなんとなく変だなと思いました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

痛いところは叩かない、揉まない。 [症例]

今月は本当に温度差が激しい月でしたが、関西も昨日木枯らし一号が吹いたようですね。
昨日の夕方はかなり冷えましたね(27日)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ふくらはぎのむくみ、多いです。 [症例]

このブログでも今月はじめに書きましたが、水分過多の人が多いです。

ふくらはぎがだるいといわれるケースが本当に目立ちます、ふくらはぎがだるいと身体全体がむくんでいますから身体も同時もだるいことが多いと思われます。

そこでこの時期水分過多の人が多いというと・・・どうも納得されてない方が多いですね(笑)
先日のケースでは汗もかかない方だというのにせっせと水分補給されています。案の定、ふくらはぎ、パンパンです。

天気予報で本日は真夏日なので、熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいと、アナウンスが入ります。
これをきくと・・・どうもむくんで調子悪い人は、水不足だからだと思う感じです。

ふくらはぎがだるいな?と感じたら完全に水分過多です、水分摂取を控えましょう!

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

新聞の記事より 「痛みとともに生きる知恵」 [症例]

以前、ブログでも紹介しましたが

腰痛の85%は。原因特定できず 
厚生労働省によると病院外来を受診する腰痛患者の約85%は厳密な原因が特定できてません。同省の2010国民生活基礎調査では腰痛の自覚症状のある人の割合は、女性が人口1000人あたり117.6人、症状別では「肩こり」に次ぐ2位。男性が同89.1人で症状別1位です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うつ、アレルギー……原因不明の病がみるみるよくなる食事 ネット記事より [症例]

昨日(13日)大阪の朝の最低気温は20度で、昼から豪雨かと思ったら雨がやんで、晴れ、温度差が激しく、身体がついていってないような気がします。

少し前のネットの記事ですが、紹介させていただきます。

よい食事vs悪い食事


無題.png


少しイラストが小さいですが

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

身体のむくみ [症例]

5月末に少し風邪ぎみになってしまいました、昨年末より風邪もひかず体調を崩すこともなかったのですが、軽いアレルギーが例年より遅れてるなと思っていたらいきなり喉にきました。

当院のお客さんより今年の風邪はなかなか咳がひかなかったときいていたのですが、案の定私も発熱はしませんでしたが夜寝れないくらいの咳で、こんな咳は数年ぶりです。

さてここ最近の症例で目立つのがこの時期に多い身体のむくみですね。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

風疹続き⑤ [症例]

また風疹の件がネットで出てました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

風疹患者、すでに昨年の2倍超える…厚労省

読売新聞 5月8日(水)11時40分配信

 妊婦がかかると胎児に障害が出る可能性がある風疹の患者報告数が、今年初めから4月28日までの累計で昨年1年間の2倍を超え、5442人となったことが8日、厚生労働省のまとめでわかった。

 同省によると、4月28日までの1週間に新たに報告された患者数は526人。都道府県別の累計は1813人の東京が最多で、大阪803人、神奈川740人、兵庫395人、千葉375人、埼玉309人、鹿児島147人などだった。

 男女別では男性4213人、女性は1229人。男性の場合、4月現在で34歳以上の人は自治体の予防接種の対象になっていなかったことから患者数が多いという。同省は、十分な量が確保されているMRワクチン(はしか風疹混合ワクチン)を接種するよう呼びかけている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

感染してしまったら、仕方なく外出を控え、人との接触を極力避けるのと
34歳以上で感染の有無がわからない人、結婚したカップル、妊娠を望むカップルで感染の有無がわかない人は検査をするのと、それ以外の人も気になる人はなるべく早く予防接種を受けてください。

ちなみに感染の有無がわからない人でも

Q 3-4 これまで風疹の予防接種を受けたという記録がありません。この場合予防接種をうけるべきなのでしょうか。

予防接種をうけたことが記録で確認されていない場合、男女ともなるべく早く接種することをお勧めします。血液検査で十分高い抗体価があることが確認された場合にはこの必要はありません。
たとえあなたがこれまで予防接種をうけていたとしても、または風疹にかかっていたとしても、再度予防接種をうけることによる特別な副反応がおこることはありません。過去に風疹の予防接種を受けていても、今予防接種を行うと風疹に対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあるのでより安心です。もし麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない場合は、風疹予防と麻疹予防の両方の観点から、麻疹風疹混合ワクチンを選択することをお奨めします。

国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html

検査しなくても予防接種受けるのは問題なしです。

ネットでこのように掲載されても風疹そのものが、命にかかわるような病気でないので危機感がないのは仕方ないかもですが。

これから生まれてくる子供に大きな影響を及ぼしてしまいます、気になる方早めに風疹の予防接種を受けてください!!!
医療機関等では掲示してるだと思いますが、病院に行かないとわからないような掲示だと誰も見向きもしないでしょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。