So-net無料ブログ作成
検索選択

献血に行きました。 [その他]

 昨日より暑いですね~~梅雨明けを思わせる暑さです!!昨日時間があるときに久々に献血にいってきました。400ccの全血献血です。今まで成分献血の経験はないのですが、またの機会にでもと思ってます。

 しかし献血は自分の体調がイマイチだと意外とする気になれないかもです・・・ 東京で昼夜逆転の仕事をしてたときは疲れはててする気になれなかったです。若いのに!といわれそうですが。

実は昔、臨検時代には病院で緊急で血液が必要という場合に、ボランティアで病院内で献血してた時期がありました。一時期は何cc献血したのかわからなくなってしまい、献血を控えていた時期もありました。現在は年間総献血量は1200cc以内となっております。

ここで臨床検査技師ネタを一つ! 

血液型の検査は比較的簡単な検査なのですが、判定を謝ると取り返しのつかないことになりかねない程重要です。もちろんもし輸血が必要の場合は、交差適合試験を輸血を受ける患者さんの血液を試験管上で合せて、血液が凝固しないかどうかの判定を必ず実施して2重のチェックを実施しています

ただ血液型には代表的な血液型RH型 ABO式血液型以外にも様々な血液型や不規則抗体というものがあり、その血液型により輸血の際に重篤な副作用が出現することもあります、しかしこれは通常血液型の検査のスクリーニングの際に検査されるのが一般的です。あと白血球型、血小板型、血漿蛋白の遺伝子型などもあります。

また輸血の際に血液型は一致しているのに交差適合試験で陽性反応(不適合)が出ることなどもあります。

それと梅毒、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス、ヒトTリンパ球向性ウイルス、ヒトパルボウイルスB19、ALT(肝機能)などが陽性、数値が高い場合は輸血に不適とされます。

今献血の一番の問題は・・・・・・・

献血に協力してくれる若い人たちが大幅に減っていて、若い人たちの献血に対する関心の低さは深刻だそうです!!!!

大阪府内の献血者数のグラフをみると、30~60代の人が平成8年から18年までほぼ横ばいに対して、10~20代までなんと平成10年までは30~60代を上回っていたのに~~~~平成11年から下降し続け、昨年度まで歯止めがきかない状況です。グラフをみると極端な下降に吃驚です!!

厚生労働省の意識調査(2006年)で全国の10~20代の献血未経験者のうち4人に1人が献血を知らないという結果になり、若い人たちの献血に対する関心の低さが伺えるそうです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 4

T-CHIRO

yookoさん またまたniceありがとうございます! 
東京は昨日雨だったみたいですね、大阪はここ数日猛暑でかなり暑いです!
by T-CHIRO (2008-07-05 16:49) 

yooko

こんばんわ☆
東京もムシムシ@@;
もう少しで梅雨明けですかね???
by yooko (2008-07-06 22:39) 

Miya

お久しぶりです。
クロスマッチ苦手だったなぁ~、判定ミスるんじゃないかと怖くて。今は外注です(経済的理由)。
献血は割りと好きなんですが、最近ちょっと足が遠のいています。使いますんで、やっぱ行っとかないと? とは思うんですけどね。最近注文すると県外のものが来たりして、うちの県も献血者少ないのかもしれません。春先とかは花粉症薬とか飲んでて行き辛いというのもあのかなとか思いますが。
献血、できれば行って欲しいですね。今んとこ人工血液作れてませんし。若いヒトは自分のこと以外は結構どうでもいいのかな、と思ったりします。どうなんでしょうか。
by Miya (2008-08-01 01:22) 

T-CHIRO

Miya さん コメントありがとうございます!
はじめ勤めていた病院は透析してまして、クロス多かったです、そんなのでクロス好きでした。
それ以降丁度エリスロポエチンが普及しはじめて輸血が減った記憶がありますが、今もそうなのでしょうか?
春先はそうか・・花粉症の薬を飲んでる人多いかもですね・・・それプラス問診で記入する項目が昔より格段に多いですね。もらった資料で若い人の献血率の落ち込み方が激しいのはびっくりしました!!献血を知らない人が多いのにも驚きますね。

by T-CHIRO (2008-08-01 11:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る